楽生人生

楽しく生きれば、毎日幸せ。 趣味の数だけ人生は豊かになる! そんなひげっちの、楽しい日常を ここにご紹介します。 (since 2006.4.10)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、一発目の記事は何にしようかな。。って事で、
私の最も古い趣味から【ドラマ鑑賞】をテーマに
記事を書いてみたいと思います。

私とドラマの付き合いは、もうかれこれ
20年以上になります。

『家族ゲーム』とか。
『積木くずし』とか。
(ちょっと古いですね。^_^;)

・・で、それからずーっとドラマを
見続けて、現在に至るのですが、
なんだかOLさんみたいだって、昔はよく
言われました。
男にしては珍しいですよね。

今も週に5,6作品は観ていますので、
筋金入りのドラマっこです。

さて、そんなドラマっこのひげっちが、
かつて観たドラマの中でお気に入りのものを
ここで紹介したいと思います。

『世紀末の詩』ってみなさんご存知ですか?

日本テレビで1998年の秋に放映された、
“知る人ぞ知る”マニアックなドラマなのですが、
その独特の世界観から、コアなファンも多い
伝説的な作品です。

日本テレビのドラマは、この作品に出会うまで、
正直あまり好きではありませんでした。
キワモノ的イメージが強すぎたためです。
(それは今も変わりませんね。^_^;)

この世紀末の詩もについても、最初は観る気は
全然なかったのですが、脚本が私の大好きな
『野島伸司』さんだったので、一念発起して(大げさですね^^;)
テレビの前に座ったのでした。

いやぁ。心に響きました。
その世界観にどっぷり浸った事を今でも思い出します。

結婚式の途中に花嫁に逃げられた【亘(わたる)】と、
大学の学長選挙に破れた【教授】が主人公。
ファンタジー作品としての色合いが強いのですが、
根底に流れているテーマはずばり『愛』です。

音楽は千住明さん。
『砂の器』『仔犬のワルツ』などのドラマ音楽も
手がけられており、哀愁ただよう音楽を作らせたら
世界一?の作曲家さんです。

竹野内豊さん、山崎努さん、坂井真紀さんなどの出演陣に加え、
毎回豪華なゲストが出演して物語を盛り上げます。
その役者さんがまた粒ぞろい!個性派ぞろい!

特に三上博史さん出演の回は、ずし~んと重く
野島ワールド全開で必見です。

泣きたい方、愛について深く考えたい方は
ビデオが出てますので、ぜひご覧ください!
小説もなかなかですよ!(^^♪

今度の週末は、泣いて泣いてストレス発散!?

【泣ける度 9点】
【音楽 9点】
【切ない度 10点】
【ハローベイビー度 10点】

放映 日本テレビ(98年10月~12月)
脚本 野島伸司
主題歌 ジョンレノン(LOVE)
キャスト 竹野内豊 山崎努 坂井真紀 木村佳乃ほか
ゲスト 広末涼子 小堺一機 桜井幸子 田中健ほか

p.s.気合入れて一発目の記事書いてたら、
やたら長くなってしまいました。反省‥。
次への課題デス。

ブログランキングに参加中!
よかったら、クリックをお願いします!
FC2 Blog Ranking

こちらもポチっとお願いします!→
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dhouou.blog62.fc2.com/tb.php/2-0ca0ec01
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。