楽生人生

楽しく生きれば、毎日幸せ。 趣味の数だけ人生は豊かになる! そんなひげっちの、楽しい日常を ここにご紹介します。 (since 2006.4.10)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。ひげっちです。

昨日、なんとなくボーっとしたくなったので、
車で鵠沼(くげぬま)海岸まで行ってきました。

潮騒をBGMに、海を眺めていると
なんとも言えずリラックスした気分になりますね。

もちろん、湘南に向かう途中の車内は
サザンの音楽で決まり!
そんなニート生活真っ只中のひげっちです。。(泣)


さて、前回の記事の続き。

テレビドラマでひげっちが今回最も気に入った作品は
一体何だったでしょう?クイズ。

正解は・・・


【白い春】でした!


元ヤクザの阿部寛さんと、パン屋の遠藤憲一さん、
この2人が醸し出す、ちょっぴり怖いけれど
ユーモラスな大人な雰囲気と、
大橋のぞみちゃんの可愛さが融合した
ヒューマンストーリーです。

今人気沸騰中の吉高由里子さんや、
今やベテラン中堅女優となった
白石美帆さんも出演されてました。

最終回はかなり衝撃的な結末で、
(ネタバレになるので書きませんが・・)
いろいろと考えさせられるドラマでした。

ご覧になった事がない方は
ぜひDVDを借りて見てみてくださいね!

ちなみに余談ですが、
遠藤憲一さんとは、以前、山梨県の温泉で
バッタリ遭遇した事があるのです。

温泉の中に、妙に体つきのいい
大きな人がいるなぁ。。と思っていたら
遠藤憲一さんでした。

普通に温泉に入りにきた一般客に紛れていたのですが、
やはり只者ではないオーラが漂ってましたよ。

ただ、残念なことに、
そのときは遠藤憲一さんの名前を知らなくて
(今ほど、たくさんのドラマに出てなかった時代です。)
顔は見たことあるのに、名前が分からない。。って事で、
その時は話しかけることもできず、遠巻きに眺めているしか
ありませんでした。

今なら絶対話しかけてサインもらうんだけどなぁ。。

残念!


ちなみに白い春に次ぐ作品としては、

【婚カツ!】【BOSS】【臨場】あたりは
割とお気に入りで見てました。

婚カツ!は、月9としては
異例の低視聴率だったらしいのですが、
内容的にはなかなか面白かったです。

ちなみにこの視聴率というのも
最近はあまり当てにならないみたいでして。

好きな作品ほど、録画してあとでゆっくり見る方が
増えてきているので、視聴率が悪くても
たくさんの方が見ている作品というのは
少なからずあるようです。

予約録画率なんていい方もするみたいですが、
この【婚カツ!】に関していうと、
5月第1週の予約録画率は全ての番組の中で
第3位だったようです。
(ちなみにこのときの視聴率は約10%と低迷)

その後も婚カツ!は、
安定して予約録画率が高かったとか。

遠からず、視聴率のあり方が
見直される時期がくるかもしれませんね。

さて、7月期のドラマは何を見ようかな~♪

それではまた~!

スポンサーサイト

こんにちは。ひげっちです。

最近、ホットペッパーのCMで
木村カエラさんが歌ってるCMソングが
頭の中でリフレインしています。

ほっとぺっぱっぴっぷぺっぽっぴ♪

う~ん、かわゆいですなぁ。


さて、それはともかく・・

転職活動、相変わらずもんもんと進めています。

前回の記事でお知らせした
最終面接を終えた企業からは
まだ返事が届いておりません。。

明日の7月1日までには連絡が来る予定なのですが、
果たして結果はいかに。。

そんな中、一ヶ月くらい前に応募をして、
その後何の連絡もなかったので
すっかり忘れていた某企業から、
昨日一次面接のお知らせが届き、
またまた事態は混沌とした感じになってきました。

こちらの会社は、某有名企業の関連会社で
超がつくほどの優良企業。
給料が多少安くても、極端な話お金を払ってでも行きたい!
っていうような、特Aクラスの会社なのです。
(書類選考を通過した事自体、奇跡と思ってます。)

でも、面接の日程が今週末とちょっと先なので、
(しかもまだ一次面接)、その前に
例の最終面接を終えた企業から
仮に採用ですっていう連絡が来た場合、
またまた難しい判断を迫られるという事に
なってくるのです。。

すでにGETしている社労士事務所の内定を
どうするかっていう問題もありますし。。

あ~転職活動って本当に難しい!


さて、転職活動の事を考えだすと
軽くめまいがしてきますので(笑)、
今回はひとまずこのくらいにして、
今日はひげっちの大好きなテレビドラマの話でも。

すごく昔の記事に書いたのですが、
ひげっちは、テレビドラマが大好きです。
特に連続ドラマ。

週に最低5本、多いときには10本近くの
テレビドラマを見ています。

そんなひげっちが今までに通算で見たドラマの数、
全部書き出してみたら、恐らく500作品以上になるかと。。
ある意味、ここ25年くらいの日本のドラマの
生き証人みたいなものです。(大げさ)

そんなドラマニアのひげっちが
今回のクールで最もお気に入りだったドラマ。

さて、一体何でしょう?

正解は・・・

次回のブログにて。(笑)

ちなみに今回ひげっちが見ていたドラマは、
なんと驚愕の14本!

○月曜日:ハンチョウ/婚カツ!
○火曜日:白い春
○水曜日:夫婦道/臨場/アイシテル
○木曜日:夜光の階段/BOSS
○金曜日:必殺仕事人2009/スマイル
○土曜日:MR.BRAIN/ザ・クイズショウ
○日曜日:天地人/ぼくの妹

う~ん・・さすがに見過ぎな気もしますが。。
まあ趣味なので許してくださいね。

それでは、また次回!

今日はドラマネタです。

【渡る世間は鬼ばかり】ってドラマありますよね。

ドラマ大好きな私なのですが、あのシリーズだけは
どうも苦手なのです。
(でも、なんとなく見てたりするんですが…)

まず、あの説明口調の台詞まわし。あれが苦手です。
5W1Hが、会話の中に全て含まれているので、
台詞がくどいくどい。そして長い。
対話ではなく、一方的に話しまくるので、
まるで念仏を聞いているような気にさえなってきます。

愚痴っぽい台詞がやたら多いのも×。
どうでもいいけど、もっとみんな楽しくやろうよ!

次に、中島唱子演じる聖子ちゃん
あのキャラがどうにもダメデス。(T_T)
見ているとぶっ飛ばしたくなります。
お前は何様なんだ~!!

次に、登場人物の多さ
シリーズを重ねるごとにどんどん増えていくので、
誰が誰やらさっぱりわかりません。
突然、登場人物が亡くなったり、海外に行ってしまったり
するのも、なんだかなぁって感じデス。
脚本家の橋田寿賀子との確執なんて話もありますし。。

他にもいろいろ突っ込みどころ満載の“わたおに”ですが、
根強いファンがいることもまた事実。

うちの母など、普段はぼんやりしてるのに、
“わたおに”が始まる時間になると、目が爛々と輝き、
背筋を伸ばして、テレビの前に鎮座しております。

私の友人で社会保険労務士仲間のYさんなど、
第1シリーズの第1話から全て見て、しかもビデオ全集として
持っているほどの“わたおに”マニアだったりします。

約15年に渡るこのシリーズでは、
今では考えられない意外な大物俳優が過去に出演してたりして、
(唐沢寿明、東山紀之、香川照之、上戸彩など)
結構奥深い作品であったりもします。

賛否両論あるこの“わたおに”。
“ただものではない”作品である事だけは確かなようです。^_^;
みなさんは好きですか?嫌いですか?

☆わたおにDVDボックス。全巻揃えてわたおにマニア?☆


ブログランキングに参加中!
よかったらクリックをお願いします!
FC2 Blog Ranking

こちらもポチっとお願いします!
人気blogランキングへ



さて、一発目の記事は何にしようかな。。って事で、
私の最も古い趣味から【ドラマ鑑賞】をテーマに
記事を書いてみたいと思います。

私とドラマの付き合いは、もうかれこれ
20年以上になります。

『家族ゲーム』とか。
『積木くずし』とか。
(ちょっと古いですね。^_^;)

・・で、それからずーっとドラマを
見続けて、現在に至るのですが、
なんだかOLさんみたいだって、昔はよく
言われました。
男にしては珍しいですよね。

今も週に5,6作品は観ていますので、
筋金入りのドラマっこです。

さて、そんなドラマっこのひげっちが、
かつて観たドラマの中でお気に入りのものを
ここで紹介したいと思います。

『世紀末の詩』ってみなさんご存知ですか?

日本テレビで1998年の秋に放映された、
“知る人ぞ知る”マニアックなドラマなのですが、
その独特の世界観から、コアなファンも多い
伝説的な作品です。

日本テレビのドラマは、この作品に出会うまで、
正直あまり好きではありませんでした。
キワモノ的イメージが強すぎたためです。
(それは今も変わりませんね。^_^;)

この世紀末の詩もについても、最初は観る気は
全然なかったのですが、脚本が私の大好きな
『野島伸司』さんだったので、一念発起して(大げさですね^^;)
テレビの前に座ったのでした。

いやぁ。心に響きました。
その世界観にどっぷり浸った事を今でも思い出します。

結婚式の途中に花嫁に逃げられた【亘(わたる)】と、
大学の学長選挙に破れた【教授】が主人公。
ファンタジー作品としての色合いが強いのですが、
根底に流れているテーマはずばり『愛』です。

音楽は千住明さん。
『砂の器』『仔犬のワルツ』などのドラマ音楽も
手がけられており、哀愁ただよう音楽を作らせたら
世界一?の作曲家さんです。

竹野内豊さん、山崎努さん、坂井真紀さんなどの出演陣に加え、
毎回豪華なゲストが出演して物語を盛り上げます。
その役者さんがまた粒ぞろい!個性派ぞろい!

特に三上博史さん出演の回は、ずし~んと重く
野島ワールド全開で必見です。

泣きたい方、愛について深く考えたい方は
ビデオが出てますので、ぜひご覧ください!
小説もなかなかですよ!(^^♪

今度の週末は、泣いて泣いてストレス発散!?

【泣ける度 9点】
【音楽 9点】
【切ない度 10点】
【ハローベイビー度 10点】

放映 日本テレビ(98年10月~12月)
脚本 野島伸司
主題歌 ジョンレノン(LOVE)
キャスト 竹野内豊 山崎努 坂井真紀 木村佳乃ほか
ゲスト 広末涼子 小堺一機 桜井幸子 田中健ほか

p.s.気合入れて一発目の記事書いてたら、
やたら長くなってしまいました。反省‥。
次への課題デス。

ブログランキングに参加中!
よかったら、クリックをお願いします!
FC2 Blog Ranking

こちらもポチっとお願いします!→
人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。